明けましておめでとうございます。 ワンちゃん、ネコちゃんの健康は飼い主様が一番理解されています。 何かいつもと違うことや、気になることがあれば些細な事でもお気軽にご連絡下さい。 病気の早期発見につながります。   お正月はとても穏やかな日々で、初日の出はとてもきれいでした。   皆様のご健康とご多幸をお祈りいたします。  

今年もあとわずかになりました。   この1年 たくさんの方々に出会い 応援していただきました。 とても感謝しています。ありがとうございます。   飼い主様、ワンちゃん、ネコちゃんや動物たちが、これからも元気で過ごされることを心から願っております。   今年の年賀状のイラストはこのホームページの絵を書いてもらったkajun_kaさんの絵を使いました。 この素材はいちき串木野市ホームページのふるさと納税のページから無料でダウンロードできます。            

北海道から鹿児島に来て絶対に見に行きたいと思っていたのが、出水平野のツルです。   子供がうまく巣立ったツルの家族は 親子4羽で渡って来て、一緒にここで冬を越すそうです。 ツル観察センターの方から いろいろ貴重なお話を伺いました。 まだマナヅル、ナベヅルあわせて2000羽ほどですが、これからどんどん増えてくるそうです。 珍しいソデグロヅルも1羽見ることができました。   これからも何度か見に行きます。 (写真はナベヅル親子です)  

昨年の9月、近くの海岸に朝、たまたま立ち寄った時のことです。 海岸から20m程 陸側に、砂を掘ったような跡を見つけました。 よく見ると白い小さな卵のかけらが散らばっていて、鳥の卵かなと思っていると、近くの砂から這い上がろうとバタバタしている黒っぽい何かがいるのを見つけました。 2匹のウミガメの子供でした。 おそらく仲間はとっくに孵化して海に行ってしまったのでしょう。 残った2匹も砂から出て、頑張って歩いて海へと消えていきました。 無事に仲間と合流して目的地に着くことを祈りました。   今年、その場所に行きましたが、たくさんの木くずやプラスチックゴミだらけの海岸になっていました。 なん ...

我が家には17歳(人の年齢で84歳位)のダックスがいます。 両眼は老齢性白内障でほとんど見えなくなり、耳も聞こえません。 室内で寝ていることがとても多くなりました。   お天気の良い日にたまに庭にだして、日光の暖かさ、風の感触、草花や外の匂いをかがせています。 老犬の脳にほどよい刺激を与えることは、脳の老化を遅らせるのに良いようです。   私もほどよい刺激を得るために昨日雨が上がった時 散歩に出かけ虹を見ました。 長い大雨や新型コロナウイルス感染拡大など、まだまだ心配の多い日々ですが、 すこし心が和らいだ瞬間でした。

先日 さくらちゃんの追加ワクチン接種をしました。 さくらちゃんはボーダーコリーで、活発で頭がとてもよくお利口なワンちゃんです。 若い時から散歩や外で遊ぶのが好きだと聞いていましたので、10種混合ワクチンを打ちました。 ワクチンの種類はそのワンちゃん、ネコちゃんのライフスタイルに合わせてご相談しています。   ワクチンと言えば副反応のお話をこの頃よく耳にしますね。 ワンちゃんネコちゃんにもまれに副反応はおこります。 今はワクチンメーカーのゾエティスさんから頂いた注意事項の表をお渡しして、説明しています。      

これはオオバンという名前の鳥です。 白い額とひれのある足指が特徴です。 昨年から近くの海にずっと一羽でいます。 潜水の名人で潜って海草や昆虫をとるそうです。   いつもひとりなので、仲間がきてくれればいいのですが。          

先日、患者さんから今元気ですが、血液検査をした方がいいですかと、質問されました。 当然ですが、ワンちゃんネコちゃんは飼い主からみていつもと違う状態になってから、初めて病院に連れて来られます。 病気によってはずっと前から悪かったが、症状がわずかで飼い主さんが気づかなかったケースも多くあります。   特にシニア期のワンちゃんネコちゃんは一見年のせいかなと、思ってしまうような症状から始まることがあります。 腫瘍などは血液検査では異常が認められないことがありますので、触診、聴診や飼い主さんからのお話を注意して聞いていますが シニア期は最低でも年1回の血液検査をすることで腎臓、肝臓疾患、体の異 ...

5月30日はゴミゼロの日です。 白浜海岸の清掃がありました。   ペットボトルやおやつの袋など多くのゴミが投機されていました。 海岸のゴミを拾いながら、いま海洋を汚染して、海の生物に悪影響を与えているマイクロプラスチックや プラスチック片、発泡スチロールのかけらのなんと多いことか。驚かされました。   一人ひとりが日ごろから気を付けてゴミ処理をしていくことが、この身近な自然を守るために大切だと痛感した一日でした。  

鹿児島に転居して、是非会いたい野鳥が数種類あります。 このクロツラヘラサギもそのひとつです。 越冬のために日本に来る、数の少ない渡り鳥です。   今年の1月に市内の河口で偶然見つけました。6羽が餌を探していました。 その中の一羽に足環がついていて、韓国から来たようです。   また今年の冬に会えることを期待しています。